春の兼六園に行ってきました。



日本三名園のひとつ、
兼六園に行ってきました!

お花見には少し早かったですが
美しい庭園を楽しむことができました。


徽軫灯籠(ことじとうろう)


徽軫灯籠(ことじとうろう)

兼六園を代表する景観。
足が二股になっていて、琴の糸を支える琴柱(ことじ)に
似ているのでその名が付いたと言われています。


唐崎松(からさきまつ)


唐崎松(からさきまつ)

琵琶湖畔の唐崎松から種子を取り寄せて育てた黒松。
兼六園のなかで最も枝ぶりが見事です!


根上松(ねあがりまつ)


根上松(ねあがりまつ)

こちらも兼六園の名物のひとつ。
大小40数本もの根が地上2mにまでせり上がり大迫力!
雄大な美しい枝が左右に広がる様は圧巻です。


白梅

紅梅


梅林(ばいりん)

200本の梅が美しく咲き誇っています。
この春はいつもより遅咲きだったらしくちょうど見頃でした。


霞ヶ池(かすみがいけ)


霞ヶ池(かすみがいけ)

兼六園の中心にある最も大きな池。
廻遊しながら四季折々の庭景を楽しめます。

桜は週明けから来週中頃に見頃を迎えるそうなので
まだの方はぜひ一度行ってみてください♪

クリックしていただけると嬉しいです
レシピブログ にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ